VOD

TSUTAYA閉店ラッシュの理由。DVDをレンタルする時代は終わった

TSUTAYA閉店ラッシュイメージ

TSUTAYAの店舗が全国規模で続々と閉店し、TSUTAYAを愛用している人々が悲しみの声を上げています。

TSUTAYA閉店ラッシュの理由

動画配信サービス(VOD)の台頭

TSUTAYA衰退の最も大きな原因は、HuluやU-NEXTなどの定額制動画配信サービスの登場でしょう。

TSUTAYAのようなレンタルショップは、レンタルをするためにDVDをたくさん在庫しなければなりません。

どんな作品が人気になるかは完璧には読めないので、店舗やバイヤーのセンスによって品揃えが変わります。これでは観たい作品があったりなかったりするため、ユーザーにとっては不便ですよね。

TSUTAYAの棚にはDVDとブルーレイが並んでいますが、これはどう考えても非効率的としか言いようがありません。

VODは、観たい作品を検索すれば簡単に見つけられる、ユーザーが好きな画質を自分で選べる、わざわざ出かけなくていいなど、TSUTAYAの弱点を完全に克服してしまいました。

企業にとっては優秀なビジネスモデルであり、ユーザーにとっても便利なサービスなのです。

VODの普及によって、TSUTAYAのビジネスモデルは時代遅れになってしまいました。

そもそもTSUTAYAに行くのは面倒だった

DVDは形ある物体なので、借りるためにはどうしてもお店に行く必要がありました。

DVDを借りるには、TSUTAYAなどのレンタルショップに行く以外に選択肢がなかったのです。

しかし、今ではスマホでいつでもどこでもVODやYoutubeが楽しめるようになったことで、「DVDを借りるためだけにTSUTAYAに行くというのは面倒」という、当たり前のことに人々は改めて気付かされたのです。

「TSUTAYAにDVDを借りに行き、観たいDVDを探し(無いかもしれないのに)、観た後は再びTSUTAYAまで返却しに行く。」

日々の仕事の忙しさや人間関係に疲れている人々には、映画を観るためだけにそれだけの時間と手間をかける余裕も、その必要もありません。

もっと手軽にエンターテイメントを楽しむ方法がいくらでもあるのですから。

TSUTAYAのレンタルサービスは、ビジネスモデルとして時代にマッチしなくなっているのです。


エンターテイメントの楽しみ方が多様化した

ヒカキンやはじめしゃちょーなどのYoutuberの登場によって、日本にも空前のYoutubeブームが到来しています。

その影響もあってか、今まで観る側にいた人々が作る側に立つことも増えました。

Youtuberでなくても、個人がスマホで動画を撮影し、アプリで簡単に編集、さらにSNSであっという間にシェアすることができます。

個人がコンテンツを作れる時代になったことで、当然観る側の選択肢も増えることになります。テレビドラマを観るよりも、友達が作った動画を観るほうが楽しいという人がいるわけです。

ドラマや映画を観るには1時間、2時間という時間が必要ですが、今ではYoutubeで5分とか10分だけ動画を観るなんて文化もすっかり定着していますよね。

ひと昔前なら、動画といえばDVDを観るか、映画館に行くか、テレビを観るかという選択肢しかありませんでした。

しかし、現在ではYoutubeやInstagram・TwitterなどのSNSの普及、個人のライフスタイルの変化によって、エンターテイメントに対するニーズも多様化しています。

今後もSNSや音声・動画コンテンツのプラットフォームの進化、あるいはVRやARなどのテクノロジーの進歩とともに、個人がエンターテイメントを楽しむ方法はさらに多様化していくでしょう。

TSUTAYAの閉店情報

TSUTAYAは2017年だけで70店舗以上、続く2018年にも80店舗以上が閉店となっているようです。

2018年2月には、東京の旗艦店であるTSUTAYA恵比寿ガーデンプレイス店が、24年間に渡る歴史に幕を下ろしました。

2019年に入ってからもTSUTAYAの閉店ラッシュは続いています。

下記のサイトに閉店情報がまとめられています。

開店閉店.com

DVDレンタルから、定額制動画配信の時代へ

TSUTAYAのレンタルビジネスが衰退している背景には、VOD(動画配信サービス)の台頭があります。

HuluやU-NEXTをはじめとしたVODサービスには、実店舗でのレンタルにはない様々なメリットがあります。

DVDを借りるために出かける必要がない

DVDを返却する必要がない

・在庫切れ(貸出中)がない

延滞がないから、延滞料金を気にする必要がない

・いつでも好きな時に映画を観られる

・テレビがなくてもパソコン、スマホ、タブレットで観られる

・映画をたくさん観る人にとっては料金もレンタルより割安

まさに忙しい現代人にマッチしたサービスの在り方です。

動画コンテンツ市場の拡大によってTSUTAYAが衰退するとは何とも皮肉なことですが、この流れが今後ますます加速していくのは間違いありません。

もうTSUTAYAに行く理由がなくなってしまった

僕も以前はレンタルショップでDVDを借りていました。

しかし、DVDをたくさん借りたものの、急に忙しくなって結局観る時間が無かったり、そのうえ返却を忘れていて延滞金を取られたり…。

そんなことを繰り返しているうちに、ついにVODを利用するようになりました。

いつでも好きな作品を手軽に観られるので、映画を観る回数も明らかに増えました。

海外ドラマを試しに1本観てみたら、続きが気になって仕方ない時があります。

そんな時にお店まで行かなくても、続きが観たくなったらその瞬間に観られるというのは最高です。レンタルでは、どうしたってこの便利さには勝てません。

TSUTAYAには長い間お世話になったので少し寂しい気もしますが、もはや認めざるを得ません。

もうDVDをレンタルする時代は終わったのだと。


U-NEXTイメージ
【U-NEXT】月額料金プランと得するポイント、サービスの魅力を紹介U-NEXT(ユーネクスト)は月額1,990円(税込2,149円)で140,000本以上の映画やドラマを楽しめるサービスです。 U...
huluイメージ
Huluは【月額933円で完全見放題】料金支払い方法や他社との比較HuluがあればもうDVDを借りるために出かけなくていいし、そもそもDVDプレーヤーすら必要ありません。 でも、これからHuluを...